スポンサーリンク

スノーダンプ、ラッセル

近年、普段雪の降らない地域でも一度に大雪が降ることが原因で、あちこちで渋滞が起き、またあまりの大雪で立ち往生し、車が雪に埋まり、排気ガスが原因で一酸化炭素中毒で死亡など、異常気象が原因の痛ましい事故が多いように思います。

また、仕事で北海道に転勤となったら除雪道具(雪かき道具)は必ず必要です。また状況によっては融雪用の機械を導入しなければならないことも起きるでしょう。

そこで、今回は初心者編として除雪道具について、おすすめのものを紹介していきたいと思います。

積雪寒冷地の方はほとんど知っていることばかりだとは思いますが、おさらいとして目を通していただけば幸いです。

 

 

最低限揃えておきたい除雪道具

 

除雪用スコップ(ショベル)

一般的に売られている鉄製スコップのプラスチック版です。雪を乗せる部分が大きく、軽量で除雪するのに適しています。
安いプラスチック製のショベルはちょっと無理をすると破損する可能性がありますので、少し高価でも降ってきた雪だけを除雪するだけなら問題ありませんが、通常は除雪車のおいていった雪も一緒によけなければならないので、ある程度丈夫なものを選ぶことをお勧めします。

 

除雪用ハンドラッセル

積もった雪を押すのに適しています。

特に新雪に効力を発揮します。昼間に除雪すると朝降った雪が溶け重みが増し、除雪しにくくなりますが、それでも除雪用のスコップよりきれいに除雪できますし、何より楽だと思います。積雪の多い寒冷地に住んでいる方はこのスコップを持っている方は大半ではないでしょうか。これも薄いプラスチック製のものはすぐに壊れてしまうので、エンボス加工された厚みのあるものか、先端に金具のついたものが理想です。

どちらかというと、すべてプラスチックでできていて、厚みのあるものの方が、路面との凹凸があっても柔軟に曲がり、路面を平らにすることができるので使いやすいです。

基本的に地面にスコップを滑らせて除雪する商品なので、舗装路はシーズン通して使えますが、砂利の場合は、ある程度路面が固まってからでないと使用できません。

北海道で12月中旬~3月中旬くらいまでが使用時期になると思います。

 

スノーダンプ(パパさんダンプ、ママさんダンプ)

雪を運搬するために使います。

大きいものをパパさんダンプ、小さいものをママさんダンプという呼び方をする地域もありますね。この商品は雪の運搬がメインです。ですから全ての除雪をスノーダンプだけで行うと、下からきれいに雪を取り除けず、いずれ路面がガタガタになります。

ただ雪をよけれればいいという考えであれば、スノーダンプだけでも除雪はできますが、あまりガタガタ路面のままでは、玄関前だと見栄えが悪いので、スノーダンプは雪を移動するためだけに使った方がいいと思います。

 

除雪用アルミスコップ

硬い雪を崩す、あるいは遠くへ捨てるときなどに使えるアルミ製の軽量スコップ。除雪用なので雪を乗せることのできる部分が大型になっており、除雪車のおいていった雪などを処理するのに適しています。

屋根から落ちてきた雪を崩すことは難しいですが、ある程度の硬い雪はこのスコップで簡単に崩せるでしょう。

 

融雪機、融雪槽を設置している方向けの除雪用品は…

すでに融雪機や融雪槽を設置しているのなら、除雪用のハンドラッセルとアルミスコップがあればすべて解決できると思います。ハンドラッセルであちこちから雪を集め、融雪槽の場合はそのまま落とせばいいですし、直火の融雪機の場合は、スコップが溶ける場合があるので、アルミスコップで雪を融雪機に投雪するだけです。

また、融雪装置を設置している方は屋根から落ちてきた雪も入れて処理したいという方もいると思います。その場合は土木工事に使われている鉄スコップとつるはしを使うことが一番理想です。屋根から落ちてきた雪は恐ろしく硬く、普通のスコップでは崩すことさえ不可能な場合があります。つるはしで凍結している雪を壊し、スコップで捨てるという方法がいいのかなと思います。

屋根から落ちた雪を融雪装置まで移動する場合はスノーダンプの大型商品を用意すると移動回数が少なくて済みます。

また、移動式融雪機の場合は投雪スロープをオプションで用意しているメーカーもありますので、カタログを確認してみることをお勧めします。

 

 

 

 

スポンサーリンク