スポンサーリンク

雪庇とは

特に寒い北海道近郊で起こりやすい自然現状に雪庇というものがあります。

これは冬になると降った雪が屋根にたまり、風向きによって雪がたまる現象です。

これは放っておくと暖かい日にいきなり落雪して、大けが、あるいは死亡する可能性すらあります。

本来は雪庇が大きくなる前に落とすべきなのですが、小さなときはなかなか気づきにくいものです。

そこで今回は雪庇を解消、あるいは大きくなる前に除去する商品を調べてみましたので参考にしていただければと思います。

 

雪庇を落とす工具を使う

先端にのこぎりのような部品がついており、それを使って落とすというものです。

金額が結構高いので、自作で作っている方もいらっしゃいますね。

洗濯で使う物干し竿にのこぎりを取り付けして、最大に伸ばし、雪を少しずつ切って落とす方法で、屋根の高い位置にある雪庇も落とすことができるでしょう。

雪庇を防止する金具を取り付けする

屋根に特殊な金具を取り付け、雪庇を防止するというものです。

比較的多いタイプが三角に折り曲げた屋根板金素材を屋根の雪庇ができる部分に雪止め金具等を固定し、雪庇を防止するというものです。

この方法は屋根板金業者が多く施工している方法で、屋根融雪に比べ比較的安価で施工可能です。

地元の板金業者に電話問い合わせすると施工業者がすぐに見つかると思います。

もし板金業者がわからない場合は、灯油やガスの供給業者に電話すると案外見つかるかもしれません。

雪庇を防止する金具は確かに一時的に解消することは出来ますが、雪庇防止金具より上に積もった場合は、金具を乗り越えて雪庇ができることになりますので、屋根に積もりすぎた雪は結局雪下ろしをしなければなりません。

雪庇 大きい

また場合によっては雪庇防止金具を付けたことによって、より大きな雪庇ができる可能性があります。その原因は屋根に大量に積もった雪が風でどんどん軒先へ巻き込むためです。

風の強さによっては屋根に積もった雪の量が多いため、より雪庇ができやすいとも言えます。

 

雪庇防止金具のメリット

  • 雪庇による人的被害を軽減できる。
  • 屋外についている換気フードなどの破損防止に役立つ。
  • 屋根の融雪などよりも工期が短い。
  • ランニングコストがかからない。
  • 金具は特別難しいものではないので、現場に合わせて製作可能。金具に塗装を施せば住宅との一体感が出て、見た目がすっきりする。

 

雪庇防止金具のデメリット

  • 雪庇防止金具以上に雪が積もった場合は雪下ろしが必要。
  • 設置金具によっては屋根に穴をあけて固定するため、いずれ雨漏れの恐れあり

 

雪庇防止装置の紹介

日江金属 雪庇防止柵 スノーバスタ

http://www.mycascade.jp/jutaku/ju_seppi.html
三角形状の金具を屋根の雪庇ができやすい所に設置。
空気の上昇気流を意図的に作り出し、雪庇を防止する。
一般住宅、マンションに施工可能。

 

日江金属 雪庇防止フェンス セッピガード

http://www.mycascade.jp/jutaku/ju_seppi.html
完全特注品の小型雪止めフェンス。 マンションなどの屋上に設置し、雪庇を防止する。
一般住宅、マンションに施工可能。 マンションの屋上アーチ部分にも施工できる。

 

株式会社コバエンジニア スノーセイバ

http://www.koba-eng.jp/index_snowsabre.html
当時どこも考えていなかった雪庇防止について、いち早く気付き製造を開始したと言われている雪庇防止金具メーカー。マンション、ビルなどに設置でき、実績も豊富なため、建物によってオリジナル製作も可能と思います。
近隣とのトラブル防止や玄関入口の屋根上などに設置するといいでしょう。

 

マツモトルーフ 雪庇防止ユニット

http://matsumotoroof.blog59.fc2.com/blog-category-8.html
札幌市で屋根工事を行っている屋根専門業者。
経験豊富な屋根のスペシャリストが施工する雪庇防止金具です。
三角部分の飛び出しが他業者の商品に比べ高さのある金具を使っています。
一般住宅、マンション問わす施工可能です。

 

フジヒロ株式会社 雪庇防止柵

https://www.fujihiro-hot.co.jp/?page_id=39
山形県を中心に営業している会社です。
豪雪地ならではの発案から他の会社と違う形の雪庇防止金具を使用しています。
山形県在住で雪でお困りの方は相談されてみては?

 

雪庇防止ヒーターを取り付けする

雪庇ができる原因は雪が積もるため。
ヒーターを取り付けして雪を溶かすという方法。これなら雪庇ができやすい所1m程度施工するだけで確実に雪庇の予防ができます。
この方式は電気工事と場合によってはヒーターを板金の下に施工する場合もあるので、板金工事が発生する可能性があります。
これらはメーカーによって商品、施工方法はさまざまなので要確認ですね。

雪庇防止ヒーターのメリット

  • 電気ヒーターを使うため、雪庇防止金具よりも確実に雪庇を防ぐことができる。
  • 軒先に使えばつらら防止としても使用できる。

 

雪庇防止ヒーターのデメリット

  • 積もらせてからヒーターを入れても効果がない場合がある。(かまくら状態となり、空気のみを温めてしまう可能性あり)
  • ランニングコストがかかる。
  • 工事費が高い(商品による)
  • 工期がかかる(商品による)

 

雪庇防止ヒーターの紹介

サンライズ工業株式会社 セッピバスター

http://www.melonbun.com/products/heater/tsurarabuster/seppibuster.html
アルミの雪庇カッターに雪庇防止ヒーターを取り付け、雪を予防する商品。ヒーターは気温5.5度で自動停止する仕組みとなっており、ランニングコストも低減できる。札幌地域限定商品のようなので地方の方は設置できませんが、札幌市で雪庇に困っている方は相談してみてはいかがでしょうか。

 

アサヒ特販 ルーフヒーター関連部材

http://www.a-tokuhan.co.jp/roof.html
屋根融雪関連のヒーターを多数製造しているメーカー。
用途により多数用意しているので、ホームページで確認してください。
自分で施工することは難しいと思うので、地元の板金業者へお願いして施工してもらうことになるでしょう。

 

フジヒロ株式会社 遠赤外線(面状)ヒーター

https://www.fujihiro-hot.co.jp/?page_id=19
わずか2mm厚のヒーターを屋根板金の下に施工、雪を溶かすことで雪庇を防止する商品。
降雪センサーと温度ヒーターの併用で雪庇を防止する。
外観がほとんど変わらないことがメリット。

 

セーブ・ヒーティング つらら雪庇防止ヒーター

http://www.sh.rim.or.jp/~save/sub11.htm
札幌市手稲区にあるロードヒーティング等行っているメーカー。
雪庇防止ヒーターはサーモスタット付で気温に応じて自動停止する仕組み。また取り付けするにあたり、ビスや金具をつけずに固定するので雨漏れ等の心配がないもの安心。

 

総評

ランニングコストをかけたくなければ雪庇防止金具、毎年のコストを気にせず確実に雪庇を防止したいのであれば電気ヒーター式という流れになるでしょう。
一番お金のかからない方法は市販でも売られている雪庇を落とす道具を買い、自分で落とす方法です。
寒冷地特有の雪庇は大きくなると業者に頼んで落としてもらわなければならなくなります。人的被害だけではなく物損被害も毎年起きているので、こまめに落とす、溶かすなどの対策が必要です。あなたのお宅は雪庇できていませんか?この機会に確認して見ましょう!

 

スポンサーリンク