スポンサーリンク

融雪槽と言われる商品でも製造するメーカーで仕組みがさまざま。
今回は融雪槽本体の仕組みについて書きたいと思います。

 

自然排水タイプ

水位がたまったら自然に道路雨水桝やU字溝に排水されるタイプ。

この場合は融雪槽本体に大量に水が常に溜まっている状態となり、融雪槽の本体が大きいわりに雪が水の上に浮くため思ったり入らないということになります。強制排水ポンプ等がないため、安価ではありますが、本体ばかり大きくていざというときに大量投雪できないのがネックとなります。(雪が水の上に浮くため少ない量しか雪が入らない)

雪がはいらないので、当然その分本体を大きくする必要があり、本体を埋設するための土木工事費用は高額になる傾向があります。

また万が一転落した場合、水位が高いと特に子供の場合、おぼれるなど事故につながる可能性があります。このタイプは融雪槽内に転落した場合地上に上がっているための梯子が設置されていることが必須です。中には梯子があると融雪能力が落ちるからつけていないというとんでもないメーカーも存在します。このような安全対策を無視するようなメーカーの商品は購入しないほうがいいでしょう。

メーカーによっては同機種で自然排水タイプと強制排水タイプが存在する場合もありますが、どちらをオススメかというと高額にはなりますが、強制排水ポンプ付きの商品を選んでおくと間違いありません。水位が低い分万が一のことがあっても安心ですしね。

 

 

強制排水タイプ

融雪槽本体に専用排水ポンプが内蔵されているものは、本体深さの1/4程度の水が常に確保されており、雪解け水などで水位が上昇すると強制的にポンプの力で排水させるというものです。

この方式のいいところは、本体が水で埋まっている空間が少ないので、大きい空間を利用して大量の雪を投雪できることです。

ということは、結果的に早く除雪を済ませることにつながります。

 

まとめ

自然排水方式融雪槽

・排水ポンプがないので本体価格が安い
・融雪槽内にたくさんの水が溜まっているので雪があまり入らない
・万が一転落した場合に水位が高いと溺れる等の可能性がある
・大量の水を温め熱交換している傾向があるため、無駄な燃料を使っている可能性あり

強制排水ポンプ方式融雪槽

・排水ポンプがついているので価格が高い
・融雪槽内部は水位が低い、結果大量の雪を入れることができる
・万が一転落しても溺れる心配がない
・融雪槽内の水は少なく、効率のいい融雪をしているので燃費の面でも有利

 

購入時は安全対策がしっかりされているものを選ぶことが一番、事故が起きてからでは遅いですからね。その後性能等をじっくり吟味すべきと思います。

融雪槽も製造メーカーにより性能はピンキリ。設計が悪くものも存在します。設計が悪いものは融雪能力が悪い、ランニングコストが高いなどデメリットばかりです。融雪装置は高価な買い物です。一度設置したら取替しない気持ちで購入するようにしましょう。

スポンサーリンク